くらし情報『広瀬すずに「学芸会みたい」と酷評…“棒演技”が話題になった芸能人たち』

2021年7月26日 10:30

広瀬すずに「学芸会みたい」と酷評…“棒演技”が話題になった芸能人たち

広瀬すずに「学芸会みたい」と酷評…“棒演技”が話題になった芸能人たち

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

今年4月から6月にかけて放送されたドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)で、W主演を務めた『嵐』櫻井翔と広瀬すずの〝棒演技〟に酷評が相次いでいる。

同ドラマは、栗田一秋(江口洋介)が経営する探偵事務所・ネメシスで、天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲な美神アンナ(広瀬)と、ポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真尚希(櫻井)が難事件に挑んでいくというミステリーエンターテインメントだ。

一番高い視聴率を記録したのは初回の11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。そこからどんどん数字を落としていき、最終回では結局初回の2ケタ台に復活することはなく、視聴者からは《棒演技がひどい》《ミステリーとしての意外性にかける》との酷評が相次いでいた。また、『ネメシス』は1話~7話の各話に張られていた伏線が、8話~10話の最終章で回収されるという構成だったが、いくらラストで風呂敷を畳むことができたとしても、視聴者はさまざまな箇所で物足りなさを感じてしまったようだ。

実際に、ネット上では

《櫻井くんも広瀬さんも演技してます感が凄くて学芸会みたい》
《翔くんのガチオタだけど言わせてもらう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.