くらし情報『西野亮廣“五輪開会式”への持論に失笑「良識を疑う」「さすがにズレてる」』

2021年7月27日 17:33

西野亮廣“五輪開会式”への持論に失笑「良識を疑う」「さすがにズレてる」

西野亮廣“五輪開会式”への持論に失笑「良識を疑う」「さすがにズレてる」

(C)まいじつ

お笑いコンビ『キングコング』の西野亮廣が7月25日、音声プラットフォーム『Voicy(ボイシー)』を更新し、東京五輪の開会式について言及した。

視聴者から「オリンピックの開会式で総指揮を託された場合どうしていましたか?」と質問された西野は、「総指揮となると、全体をコントロールしないといけない立場ですよね。各セクションのクリエイターが才能を出し切る環境を作る、そういうお仕事もあるんですね」と回答。

続けて「今回の開会式でちぐはぐ感が出ちゃったのが、直前の交代劇が大きくて。僕個人としては、あの状況でバトンを渡されたクリエイターさんの仕事を批評するのは、ちょっと酷だなと思ってます。『本当ならこうしたかった』って、悔しい気持ちはみんなあっただろうし」と関係者を慮った。

そして、「今回の落ち度は何だったのか。シンプルに、開会式の前にクリエイターを公表したことだと思ってます。リーダーの判断ミスですね。今の日本の流れを見たらわかるじゃないですか? 日本人は炎上させたらそのポジションから引きずり下ろせるっていう〝成功体験〟をしてしまったので」「そりゃ、ねたみそねみを持ってる人たちが、クリエイターの過去を全部調べて引きずり下ろす運動が出来ることは容易に想像できた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.