くらし情報『『アメトーーク』過去映像にモザイク!「闇すぎる」「大人の事情か」』

2021年7月30日 11:05

『アメトーーク』過去映像にモザイク!「闇すぎる」「大人の事情か」

『アメトーーク』過去映像にモザイク!「闇すぎる」「大人の事情か」

(C)Twin Design / Shutterstock

7月29日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、過去の映像に〝 モザイク処理〟が施されたのではと、視聴者の間で話題になっている。

この日、番組には「実は歌出してる芸人」として、『フットボールアワー』後藤輝基や『かまいたち』山内健司、『アンタッチャブル』柴田英嗣らがゲスト出演。さほど売れなかったものの、楽曲を発表したことがある芸人たちの歌唱シーンを公開しつつ、当時のエピソードを開かした。

『オアシズ』大久保佳代子は2013年にシングル『ラブR事情!!』をリリース。大久保いわく、冠番組『大久保じゃあナイト』(TBS系)をきっかけに作った曲で、曲調は「80年代風のアイドル」とのこと。ここで番組サイドは、大久保が歌う映像を流した。

本人が言う通り、1980年代を彷彿とさせるボブヘアーの大久保は、白のドレスに身を包んで登場。横ストライプにサスペンダー姿のバックダンサー4人を従え、口パクで歌詞が「大人の事情」で終わる曲を踊り切った。

■ 大久保佳代子のバックダンサー3人に“ぼかし”

過去映像では『フォーリンラブ』のバービー、KABA.ちゃん、『森三中』の黒沢かずこらが後方に控えていたが、その前方で踊るバックダンサー4人中3人にモザイクがかかっているように見えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.