くらし情報『五輪関係者の車が当て逃げ!「送迎を優先した」との供述に批判殺到』

2021年8月4日 17:33

五輪関係者の車が当て逃げ!「送迎を優先した」との供述に批判殺到

五輪関係者の車が当て逃げ!「送迎を優先した」との供述に批判殺到

(C)Voyagerix / Shutterstock

8月1日、東京五輪の大会関係者を乗せた車が、首都高速道路で当て逃げをしていたことが分かった。運転していた男に警視庁が事情を聞いたところ、常軌を逸した供述をしているようで、ネット上では批判の声が高まっている。

事故は1日の午後6時ごろ、首都高の台場出入り口から葛西出入り口付近で発生。男は前を走っていたトラックと軽ワゴン車に追突し、その前後複数回にわたって首都高の側面にも衝突したという。その際に軽ワゴン車に乗っていた女性2人が救急搬送されたが、男が運転する車はそのまま五輪関係者の送迎を続行した。

その後、男が運転する車は、フロント部分が大破しながらも十数キロ走行。千葉県内のインターチェンジを降りたところで、千葉県警に職務質問を理由に止められている。

■ 人命よりもスタッフ送迎を優先!?

男は千葉県警の職務質問を受けた際「スタッフの送迎を優先した」と供述。人命よりも五輪スタッフの送迎を優先させた男には非難の声が相次いでおり、

《日本の法令よりも五輪のスケジュール優先って…理解できないわ》
《もちろん当て逃げはダメだし、道路交通法の違反だけど、なんでその男性が〝送迎優先〟という思考にいたったのか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.