くらし情報『『推しの王子様』ディーン・フジオカに男性が恋「BL展開」「まさかの矢印」』

2021年8月16日 10:33

『推しの王子様』ディーン・フジオカに男性が恋「BL展開」「まさかの矢印」

推しの王子様 ディーン・フジオカ

推しの王子様 ディーン・フジオカ画/彩賀ゆう (C)まいじつ

8月12日、比嘉愛未主演のドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)第6話が放送された。この回で、登場キャラクターの1人がゲイだと判明して話題になっている。

主人公の日高泉美(比嘉)は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の代表取締役社長。ある日突然出会ったダメな若者・五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する〝逆マイ・フェア・レディ〟な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていく。

第6話では、『ペガサス・インク』副社長の光井(ディーン・フジオカ)が、やたらと航を気にかける泉美を見て嫉妬していく。そんな中、今度は光井をやたらと気にかけている男の姿も。同社のゲームプランナー・有栖川(瀬戸利樹)だ。

有栖川は光井に企画を褒められて大喜び。「土曜日までに仕上げような。日曜くらいゆっくりしたいしな」と声をかけられると、「あっ、あの…。光井さん、日曜…」と言いかけたところで言葉を止めた。有栖川は、日曜日に光井を遊園地に誘おうとしていたのだ。しかし、結局言い出せずに、すでに購入したチケットを航に譲るのだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.