くらし情報『パワハラ音声流出…大森靖子の“矛盾”をファンが指摘「何より重罪」』

2021年8月16日 17:33

パワハラ音声流出…大森靖子の“矛盾”をファンが指摘「何より重罪」

パワハラ音声流出…大森靖子の“矛盾”をファンが指摘「何より重罪」

(C)CHAjAMP / Shutterstock

メンバーへの〝パワハラ&暴力〟音声が流出した、アイドルグループ『ZOC』のメンバー兼プロデューサー・大森靖子。アイドル好きの間では、彼女への矛盾を指摘する声が噴出している。

「大森が最優先目標にしているのは、外見・年齢至上主義や性的搾取といった従来のアイドル像の否定。ターゲットも男性ではなく若い女子で、自信のない女の子や毒親育ち・貧困女子に、楽曲で生きる意味を与える解放軍・救世主的存在です」(サブカルライター)

しかし、この思想が過激化しすぎた大森は、公式LINEで《ビジュとか優勝とか、魂とやってきたことが削られていく》など、メンバーの外見が褒められることに不満を表明する。これに対し、メンバーの巫まろがツイッターで《みんなが可愛いと褒めてくれる事とても嬉しい》などと対照的な意見を発したところ、大森は激怒。巫を呼び出して「私がどう思うかはどうでもいいのか!」「自分だけ傷ついてるぶってんじゃねぇよ!」などと怒鳴り散らし、号泣する巫を叩くような音声が8月12日に流出したのだった。

「大森は毒親がいる女子に捧げる曲を作成、ツイッターでも弱い女子の味方をアピールするなど、徹底して弱者女性の側に立ってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.