くらし情報『『ぐるナイ』新企画が超危険!? 看護師までスタンバイ「小さい子が真似したら…」』

2021年8月20日 11:03

『ぐるナイ』新企画が超危険!? 看護師までスタンバイ「小さい子が真似したら…」

ナインティナイン岡村隆史

ナインティナイン岡村隆史 (C)まいじつ

8月19日の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で放送された新企画に、視聴者から「危険だ」との指摘が続出している。

ロケで、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストを訪れ、ゲーム「バルーンファイト」を企画した。『ナインティナイン』の矢部浩之、岡村隆史を含む芸能人10人が巨大な赤い風船で頭を覆い登場。ゴムを溶かす液体リモネンが入った水鉄砲を撃ち合い、風船が溶けると脱落する仕組み。なお番組の説明によるとリモネンはオレンジ、レモンなどかんきつ類に含まれる物質だという。

風船の中は酸素量が限られることから、10分ごとに酸素吸入タイムを設けることに。さらに熱中症や酸欠に備えようと看護師もスタンバイ。プレイヤーは10分経過時に風船を入れ替え水分補給した。

■ 頭に巨大な赤い風船かぶり水鉄砲で撃ち合う

羽鳥慎一、磯山さやかが見守る中、ゲームがスタート。1人の風船を割るごとに1万円、最後まで残ると3万円というルールで、プレイヤーは園内のアスレチックを回りながら水鉄砲を撃ち合った。結果、『A.B.C-Z』の塚田僚一が優勝した。

プレイヤーはそれぞれ、ひじやひざにサポーターを着けて対決。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.