くらし情報『『サンジャポ』宮本亞門の“パラ反対”に賛否「ド正論」「ダブスタ」』

2021年8月24日 10:32

『サンジャポ』宮本亞門の“パラ反対”に賛否「ド正論」「ダブスタ」

宮本亞門

宮本亞門 (C)まいじつ

演出家の宮本亞門が、8月22日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。コロナ禍で子どもたちに東京パラリンピックを観戦させることの是非について言及したが、ネット上では賛否の声があがっている。

この日、レギュラーコメンテーターのテリー伊藤は「パラリンピックは特別だと思う。なかなか普段、障害のある方と接することはできないですし」と切り出し、「街で車いすの方と出会ったときに、なかなかその人たちを見ない。それは気遣いの意味で見ないんだと思うけれど、パラリンピックの選手の皆さんが頑張っているのを見ることによって、障害のある方でも頑張っているんだという思いを持つことは将来に役に立つのではないか」と開催に賛成の姿勢を示した。

また、MCの『爆笑問題』太田光も「コロナの状況では、パラリンピックに出る人たちって我々より感染症のリスクが怖いわけですよね。それでも『この大会に出よう』ということは、どれだけ危険でどれだけ意味があるのか、その会場を設定するのがどれほど大変かも含めて、子どもたちがそれを経験するのは重要だと思う」とテリーに同意した。

そんな中、宮本は「僕はパラリンピックをこの時期に開催するのには反対。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.