くらし情報『『フジロック』MISIA“君が代”熱唱に賛否「反骨でロック」「ドン引きした」』

2021年8月24日 11:02

『フジロック』MISIA“君が代”熱唱に賛否「反骨でロック」「ドン引きした」

『フジロック』MISIA“君が代”熱唱に賛否「反骨でロック」「ドン引きした」

(C)Anastasiya 99 / Shutterstock

8月20日から22日までの3日間、新潟県の苗場スキー場にて開催された『FUJI ROCK FESTIVAL ’21』。最終日に歌手のMISIAがステージに立ったのだが、彼女の歌った〝ある楽曲〟がネット上で物議を醸しているようだ。

MISIAは22日、16時50分から「GREEN STAGE」に登場。青いドレスとターバンを身に纏い、一曲目に東京五輪の開会式でも披露した国歌『君が代』を熱唱する。その後、代表曲の『Everything』や『陽のあたる場所』を含めた合計11曲もの楽曲をパフォーマンス。またMCでは「コロナのバカヤロー!」と不満を叫ぶ一幕もあり、オーディエンスを熱狂させていた。

MISIAの「君が代」に驚く人もいたが、ネット上には、

《あのフジロックで君が代を熱唱する以上に、反骨でロックな生き様ってあんのかな。MISIAさん最高》
《東京五輪の開会式で圧倒的な歌唱力で国歌を独唱したMISIAさんがフジロックで君が代を歌い、純粋に感動しました》
《君が代から始まるのすごい。世界を救いに来てくれた女神みたい》
《すごい覚悟と迫力。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.