くらし情報『論破王・ひろゆき“蛍原徹ディス”の理由が酷い! 宮迫擁護の裏事情とは…』

2021年8月26日 17:32

論破王・ひろゆき“蛍原徹ディス”の理由が酷い! 宮迫擁護の裏事情とは…

宮迫博之 蛍原徹

宮迫博之 蛍原徹(C)まいじつ

2021年夏、フランス語にまつわる悪あがきで評判を失墜させた、論理破綻王・ひろゆきこと西村博之。今や詭弁・捏造・屁理屈のうさん臭いイメージしか残っていない彼に、さらなるうさん臭い事実が浮上してきた。

ひろゆきは8月20日、自身のYouTube配信で、17日に解散した『雨上がり決死隊』について持論を展開。引き金となった闇営業問題に関して、宮迫博之を「事務所を通さずに仕事をすること自体普通にあるし」などと徹底擁護する一方、相方の蛍原徹を「蛍原さんの回しで面白かった部分ってあまりない」「蛍原さんじゃない人がやったとしても完全に成立する」「蛍原さんの名前で冠番組のオファーするテレビ局ありますかというと、多分ないんですよ」「蛍原さん、ぶっちゃけ冠番組作る実力ないよね」などと口汚く攻撃していく。

挙句の果てには、「そこら辺の冷静な判断が出来てない時点で、僕は蛍原さんはちょっとカウンセリングとか受けた方がいいかなと思ったんですよ」と精神病認定する人格攻撃まで展開。これらの発言は即座に話題になり、ネット上で「言い過ぎ」などと物議を醸したのだった。

いわば解散劇の〝被害者〟である蛍原に対し、相当に一方的な誹謗中傷を重ねたひろゆき。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.