くらし情報『『かのキレ』中島健人の“下手すぎるキス”に「口がタコ」「中学生か」』

2021年8月27日 10:31

『かのキレ』中島健人の“下手すぎるキス”に「口がタコ」「中学生か」

彼女はキレイだった 中島健人

彼女はキレイだった 中島健人画/彩賀ゆう (C)まいじつ

8月24日、小芝風花と『Sexy Zone』中島健人のW主演ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)の第7話が放送。中島のキスシーンに視聴者からは総ツッコミが起こっていた。

子どもの頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(小芝)は、親友の桐山梨沙(佐久間由衣)と2人暮らし。そんなある日、冴えない太っちょ少年だった初恋の相手・長谷部宗介(中島)と再会してファッション誌編集の同じ職場に。今やすっかりダサくなった愛は自分の素性を隠すことを決意、一方でイケメンエリートとなった宗介は、〝最恐毒舌〟副編集長として猛威を振るっていく…。

第7話では、宗介の愛に対する気持ちが止まらなくなる。宗介はしきりに愛をカフェに誘ったり、自宅に誘ったりして2人きりになろうとするが、愛はなんとかはぐらかしていく。愛は宗介のことを好きなのだが、親友の梨沙が自分に内緒で宗介に会っていることを知ってしまい、困惑しているのだ。

そんな中、宗介は梨沙の正体が〝佐藤愛〟ではないと知る。そして〝本物の佐藤愛〟は、毎日のように会っている同僚の愛だとわかった。宗介は全ての謎が解けた途端、すぐに愛に電話。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.