くらし情報『『魔女の宅急便』キスマイ横尾の“新解釈”が大絶賛「すごい共感」「考察に感動」』

2021年9月5日 10:32

『魔女の宅急便』キスマイ横尾の“新解釈”が大絶賛「すごい共感」「考察に感動」

『魔女の宅急便』キスマイ横尾の“新解釈”が大絶賛「すごい共感」「考察に感動」

(C)Dean-Drobot / Shutterstock

大のジブリ好きで知られる『Kis-My-Ft2』横尾渉の『魔女の宅急便』考察が、ネット上で密かに話題を集めている。

横尾はジブリマニアたちが集った9月1日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。各々は一押し作品や持論を述べていき、歌手の大塚愛は『魔女の宅急便』についての考察を始めた。

同作で長年議論の的となっているのは、主人公・キキが突然魔法の力を失う展開。言葉を発する相棒の黒猫・ジジも普通の猫になり、後に魔法を取り戻しても、ジジだけは言葉を失ったままだ。

ファンの間でもかなり解釈が分かれるこの展開について、大塚は「女の子ってごっこ遊び大好きじゃないですか?」「人形に喋りかけて、人形も喋り返す。その一環だったんじゃないかなって。ジジが喋ってたのは」との自説を展開。「そもそもジジは喋っていなかったんじゃないかって」「ごっこ遊びをやめて、少女から大人になったことを表している」と続けていった。

■ 『フットボールアワー』後藤輝基もハッとする考察

これに対し、横尾は「お母さんが、キキのためにジジを喋らせるように魔法をかけて…後に、『お母さんがわりの人は必要ないよ、周りの人ともっと仲良くなりなさいよ』ということで魔法が切れたのか…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.