くらし情報『『千鳥』の特番が炎上! 汚すぎる企画に「不快極まりない」「最低」』

2021年9月7日 10:33

『千鳥』の特番が炎上! 汚すぎる企画に「不快極まりない」「最低」

千鳥

千鳥画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月3日に放送された特番『千鳥の芸人C-1グランプリ』(テレビ朝日系)の企画が、ネット上で大ブーイングを浴びた。

問題の企画は「寿司を食べながらカラオケ高得点バトル」というもので、カラオケを歌いながらレーンを流れる寿司を食べ、カラオケの採点数と食べた寿司の数を足した得点を競う。バトルは歌手チームと芸人チームの対抗戦となり、歌を主軸に置く歌手チーム、歌の点数を寿司数で補う芸人チームと違ったスタイルが見られた。

ダイアモンド☆ユカイ、島谷ひとみ、『純烈』酒井一圭、演歌歌手の大江裕らを擁する歌手チームに対し、芸人チームは『ブラックマヨネーズ』小杉竜一、『平成ノブシコブシ』吉村崇、狩野英孝、『天竺鼠』瀬下豊が参戦。歌の下手さを補おうと、間奏や歌詞の合間などで寿司を口に詰め込んでいく。

■ 「最低な企画!」「チャンネル変える」と非難轟々

しかし、詰め込むあまり口の中が寿司でいっぱいになる芸人が多い上、それでも口を開けて歌おうとするため、その光景は下品極まりないものに。ひたすら押し込んで一部が口から出たり、米粒が飛んだりした挙げ句、時には口内が映されることもあり、ゴールデンタイムであることを考慮せずとも汚らしい企画となった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.