くらし情報『『TOKYO MER』最終回直前で失速…悪役の“サイコパス”設定にがっかり』

2021年9月8日 17:32

『TOKYO MER』最終回直前で失速…悪役の“サイコパス”設定にがっかり

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 鈴木亮平

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 鈴木亮平画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月5日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第10話が放送された。〝ラスボス〟がついに牙をむいたのだが、その設定が安っぽいものだったという。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり、医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第10話では、海外で医療活動していた時に喜多見が助けた世界的テロ組織のメンバー・エリオット椿(城田優)がついに始動する。椿は大学で爆破事件をしかけ、そこに注意が向いている中で喜多見の妹・涼香(佐藤栞里)と接触。涼香に水筒型の爆弾を渡し、喜多見の目の前で涼香を殺してみせた。

椿は以前、喜多見から助けてもらったさいに、「私を助けたことを必ず後悔させます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.