くらし情報『お笑い第7世代の“粛清”開始? 実力不足でテレビから姿を消してしまう…』

2021年9月13日 17:30

お笑い第7世代の“粛清”開始? 実力不足でテレビから姿を消してしまう…

霜降り明星粗品

霜降り明星粗品(C)まいじつ

お笑い界に新たなブームを作り出した〝お笑い第7世代〟の面々。一時期はテレビで見ない日はないほど引っ張りだこだったが、ここにきて〝粛清〟が始まっているようだ。

第7世代のリーダー格である『霜降り明星』は、レギュラー番組の『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)が9月いっぱいで終了。冠番組の『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系)は火曜0時15分から、土曜深夜3時の20分番組に降格させられた。また今年の『キングオブコント』は準決勝で敗退。ラジオ番組『霜降り明星のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)は時間が昇格したが、裏の『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)に聴取率で敗北するなど、いいニュースがあまり聞こえてこない。

さらに、粗品は今年7月に土砂災害に見舞われた静岡県・熱海市のことをラジオ番組で「終わったもんな」と発言して大炎上を招いていた。

9月から粗品は、有吉弘行が司会の『有吉の世界同時中継~今、そっちってどうなってますか?~』(テレビ東京系)への出演が決まっているが、活動が下火になっている感は否めない。一方、YouTubeは好調で、チャンネル登録者数は140万人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.