くらし情報『『高校生クイズ』で“動物虐待”シーンを放送「酷くない?」「絶対アウト」』

2021年9月14日 17:30

『高校生クイズ』で“動物虐待”シーンを放送「酷くない?」「絶対アウト」

『高校生クイズ』で“動物虐待”シーンを放送「酷くない?」「絶対アウト」

(C)Master1305 / Shutterstock

毎年晩夏恒例〝知の甲子園〟こと『高校生クイズ』(日本テレビ系)が、今年も9月10日に放送された。しかし、一部の問題内容が〝動物虐待〟だと物議を醸し、ネット上で大炎上してしまった。

くだんの問題は3回戦、ライバル校の3名が1チームで挑む協力戦でのことだった。3名の高校生は、特に変わった様子のない部屋に入室。ここでは〝あること〟が起こるとカウントが加算され、高校生たちはカウントだけを頼りに法則性を見つけ出し、〝あること〟が何なのかを当てる。

制限時間内にカウントを100にすればみごと正解となるのだが、止まっても動いても加算されるカウントに一同は四苦八苦。しかし、勘のいいチームはその法則性に気づき、「水槽の後ろにある鏡に貼られた水草のシールを、中の金魚が横切ったら1カウント」だと当てたのだ。

法則が分かったとなれば、あとはカウントを100にするだけ。すると、このチームは早く100にするべく、下のキャスター台を持って水槽を揺らし始めたのだ。

■ 金魚がかわいそうと大炎上!「生き物虐めてるだけ」

左右に大きく揺れることで、中の金魚は水草シールを何度も横切り、カウントはみるみる加算されていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.