くらし情報『江頭2:50“差別発言”で大ピンチ! 好感度キャラが崩壊「最低だな」』

2021年9月20日 17:31

江頭2:50“差別発言”で大ピンチ! 好感度キャラが崩壊「最低だな」

江頭2:50

江頭2:50(C)まいじつ

YouTubeのレビュー企画で『モスバーガー』を絶賛し、同社広報から感謝の手紙を送られたことが話題となった江頭2:50。しかし一方で、引き合いに『マクドナルド』を貶したことが激しい非難を浴び、過去にないほどの〝大ピンチ〟に陥っている。

江頭は6月と7月の2回、マクドナルドの商品レビュー動画を投稿。その内容はかなり辛辣なもので、特にダブルチーズバーガーに対しては「パサパサして…これは全然うまくない!」「犬が食いそうな肉!」「まずっ!」「(ダブルチーズバーガーを貰ったら)捨てるよ」「ダブチは最悪! 絶対食べるなよ!」など、もはや暴言に近い評価を連発していた。

この毒舌は9月10日のモスバーガーレビュー動画でも止まらず、江頭は「やっぱりマックと全然違うね」「マックの肉はぺちゃ~ってしてたじゃん。犬の餌みたいだったじゃん!」「これはちゃんとした人間の食べ物」など、引き続き〝犬〟という表現で言いたい放題。

「ダブチは最悪」「あれに金出してると思うと歯がゆくて歯がゆくて…」「完全に失敗作じゃん?」とまたも暴言を続け、ダブチのみならず「マックの開発部って能なしだね!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.