くらし情報『映画『HERO』に「CM多すぎ」と批判殺到! 地上波放送の映画はオワコン?』

2021年9月22日 11:02

映画『HERO』に「CM多すぎ」と批判殺到! 地上波放送の映画はオワコン?

木村拓哉

木村拓哉画/彩賀ゆう (C)まいじつ

俳優・木村拓哉が主演を務めて大人気を博した伝説の月9ドラマ『HERO』(フジテレビ系)。その劇場版が9月20日に放送されたのだが、CMの多さに視聴者からブーイングが殺到しているようだ。

木村が出演する最新映画『マスカレード・ナイト』の公開を記念して放送された劇場版「HERO」。同作は型破りな検事・久利生公平(木村)の活躍をコミカルに描いた作品で、劇場版には〝タモリ〟こと森田一義、俳優の中井貴一、韓国俳優のイ・ビョンホンなど豪華な面々が出演している。またシリーズ初となる海外ロケも行われ、世界を股にかける久利生の姿が拝める大スペクタクル映画だ。

しかし今回の放送で注目を集めたのは、物語ではなくCMの多さ。後半になるにつれて明らかにCMが増え、タモリが登場した終盤の裁判シーンでは、中途半端なタイミングでCMが挟まれることもあった。

■ タモリ「一旦CMです」

思わず見入ってしまうような重要なシーンでも、容赦なくCMをぶち込んできた今回の放送。これには視聴者も、

《HERO面白かったけど、後半になるにつれてCMの量がエグイ。これならアマプラとかサブスクで見たほうがいいなって思っちゃった》
《久々にテレビ見てるけど、CM多すぎてHEROのストーリーがまったく進まねーな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.