くらし情報『『相席食堂』板尾創路が放送事故?「終わり方やばかったw」』

2021年9月29日 11:03

『相席食堂』板尾創路が放送事故?「終わり方やばかったw」

板尾創路

板尾創路(C)まいじつ

9月28日放送の『相席食堂』(朝日放送テレビ)で、ゲストの板尾創路が〝軽い放送事故〟を起こしたとして視聴者を沸かせている。

板尾は白いスーツに身を包み、岡山県倉敷市でロケ。飲食や服の店を巡るなどした板尾は、白いスーツからオーバーオールに着替えて病院のリハビリ施設を訪問。カフェも併設した同施設では考案中のメニューがあるといい、管理栄養士と院長は岡山名物のアナジャコで作ったパスタを振る舞った。

パスタを味わい「おいしい」とつぶやいた板尾に、院長がシャコとりの名人を紹介。板尾が川辺に向かうと、そこでは名人が棒状の筆を巣穴に突っ込み、筆を追い返そうとシャコが上がったところを釣り上げていた。

■ シャコ釣りでミス! 身を引きちぎる

「一匹だけでもとれたら…」と筆を泥の中に突っ込んだ板尾は、「けえへんな」「おらんかあ」とつぶやきながら辛抱強く待機。なかなか釣れず、名人は奥の手としてシャコをひもにくくり付け「友釣り」をすることに。名人がシャコを引っ掛けると、板尾は「ゆっくり! ゆっくりゆっくり!」と声をかけた。

板尾は「つかんでいいですか」と手を突っ込み、シャコを引き上げようとした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.