くらし情報『『アメトーーク!』大人気“若手芸人”が引退を示唆「解散不可避じゃねーか」』

2021年10月4日 10:33

『アメトーーク!』大人気“若手芸人”が引退を示唆「解散不可避じゃねーか」

『アメトーーク!』大人気“若手芸人”が引退を示唆「解散不可避じゃねーか」

(C)Ttatty / Shutterstock

9月30日放送のバラエティー番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、今大人気のお笑いコンビが〝引退する〟展望を明かした。

この日は、「マセキ芸人~リベンジ編~」。芸能事務所「マセキ芸能社」に所属する芸人が集結し、出川哲朗、バカリズム、狩野英孝、『ナイツ』、『三四郎』、『パーパー』が登場した。13年前に同企画をやった際にはまだ「マセキ」に所属していなかった『三四郎』、『パーパー』が新加入組となっている。

『パーパー』は独特の世界観のコントで注目を浴びたものの、今はほしのディスコのハイトーンボイスで歌う歌が話題となり、歌手として人気が爆発中。YouTubeの〝歌ってみた〟動画は270万再生回数を超えるものもあるなど、若者から絶大な支持を得ている。

そのため、ほしのはもともと〝モテないキャラ〟であったものの、女性人気が沸騰。コントの設定がおかしくなってウケない事態になっているそうだ。ほしのは現在、お笑いよりも歌を頑張っている状態なのだが、お笑いに興味がなかった相方のあいなぷぅは、特に不満ではないとのこと。

■ 『名探偵コナン』の声優ができたら芸能界引退!?

さらにあいなぷぅは、アニメ『名探偵コナン』の声優をできたら芸能界引退をしてもいいと割り切っていると明かす。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.