くらし情報『『ヒルナンデス』阿佐ヶ谷姉妹への“雑なイジリ”に批判殺到「不快感しかない」』

2021年10月10日 17:31

『ヒルナンデス』阿佐ヶ谷姉妹への“雑なイジリ”に批判殺到「不快感しかない」

阿佐ヶ谷姉妹

阿佐ヶ谷姉妹(C)まいじつ

10月6日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、俳優の竹中直人がゲスト出演。曜日レギュラーのお笑いコンビ『阿佐ヶ谷姉妹』とロケをしたが、竹中の〝過度なイジリ〟に視聴者から怒りの声が続出している。

同日の番組で「阿佐ヶ谷姉妹」と竹中は、銀座の新名所を巡ることに。姉の渡辺江里子は竹中へ憧れを抱いていたようで、ロケ中にバレンタインのチョコを贈ろうとしていた幼少期の思い出を告白する。そこで竹中から「友達、誰もいないタイプだろ?」と、早速厳しいツッコミが。そして楽器店を訪れた時には、ピアノを前にした妹の木村美穂へ、「おい、弾けよ」などと強い口調で命令していた。

また3人は音楽でセッションすることになり、即興で「ピンクのおばさん」という歌を披露。そこではボーカルの竹中が「阿佐ヶ谷姉妹」を終始〝おばさん〟と呼び、歌詞で「水着になってくれよ、おばさん」とイジる。さらに場所をベトナム料理店に移動した際、竹中は独特な食レポを理解してくれない2人に、「いちいち癇に障る奴らだな」とキツイ一言を浴びせるのだった。

■ 時代遅れ? 竹中直人の破天荒な芸風

「阿佐ヶ谷姉妹」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.