くらし情報『『日本沈没』公式の“超ネタバレ”に批判殺到「最悪じゃん」「シラケたわ」』

2021年10月12日 17:30

『日本沈没』公式の“超ネタバレ”に批判殺到「最悪じゃん」「シラケたわ」

日本沈没 ―希望のひと― 小栗旬

日本沈没 ―希望のひと― 小栗旬画/彩賀ゆう(C)まいじつ

10月10日より、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の放送がスタートした。多くの視聴者から絶賛の声があがったのだが、「ネタバレしすぎ」との意見も寄せられている。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川照之)、週刊記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。

第1話では、東山総理が、世界環境会議で地球物理学の権威である世良教授(國村隼)のもと「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。さらに〝未来の日本〟を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた〝日本未来推進会議〟を発足すると発表。そのメンバーに天海や常盤も選ばれる。

そんな中、ネットに関東沈没へ警鐘を鳴らす田所の記事が載り、天海は事態収束のために田所と対面。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず、「近い将来、伊豆沖で島が沈没する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.