くらし情報『佐藤栞里の“小学校時代のあだ名”に驚き「それイジメ」「かなりヤバい」』

2021年10月15日 10:30

佐藤栞里の“小学校時代のあだ名”に驚き「それイジメ」「かなりヤバい」

佐藤栞里

佐藤栞里画/彩賀ゆう (C)まいじつ

10月12日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、曜日レギュラーでモデルの佐藤栞里が登場。幼少期の〝あだ名〟を暴露し、ネット上で話題を呼んでいる。

同日の番組は冷凍食品ジャーナリストの山本純子氏をゲストに迎え、「冷凍食品3大トレンド」を紹介してもらうことに。冷凍食品を使った時短レシピなども紹介され、さらに冷凍食品に関する質問を出題される。そしてクイズでは「固形になった下ごしらえ済み野菜」を当てる問題が。すると佐藤は「私、これあだ名だったことあります」と切り出し、「ゴボウ」と解答する。そして「小学校の時、ゴボウでした」と告白していた。

■ モデル体型がゆえのヒドイあだ名!?

佐藤の「ゴボウ」というあだ名に、視聴者たちは驚愕。ネット上では、

《あだ名がゴボウは、それもうイジメられてたんだろ…》
《佐藤栞里ちゃん小学校のとき、ごぼうって呼ばれてたの!? 私、ホワイトアスパラ!》
《ゴボウって、栞里ちゃん子どものころから細かったってことだね。言われてみたかった》
《ゴボウがあだ名ってスタイル良いってことじゃん!》
《こんなに美しい子がゴボウに見えるってかなりヤバい》

などの反響が続出している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.