くらし情報『日本のサッカーは死んだ? 埼玉スタジアムには“田嶋OUT”の横断幕…』

2021年10月16日 11:01

日本のサッカーは死んだ? 埼玉スタジアムには“田嶋OUT”の横断幕…

日本のサッカーは死んだ? 埼玉スタジアムには“田嶋OUT”の横断幕…

(C)Sanzhar Murzin / Shutterstock

サッカーW杯の予選が行われているものの、不調が続いている日本代表。サッカーファンは、その原因が『日本サッカー協会』会長の田嶋幸三氏にあると声をあげている。

サッカーW杯カタール大会アジア最終予選で、9月2日に日本は0-1でオマーンに敗北。7日の中国戦は1-0で勝利したものの、10月7日のサウジアラビア戦は1-0で敗北した。3試合を終えて日本は1勝2敗の勝ち点3と出遅れており、早くもW杯出場権獲得が危うくなっている。

この体たらくでありながら、日本サッカー協会は9日に臨時評議員会を開き、〝全会一致〟で次期会長に田嶋会長を選任。これに対してサッカーファンからは、

《日本サッカーは死んだ》
《全会一致で田嶋支持だってさ。恐ろしい組織だね。一度W杯出場を逃さないと、この組織は変わらなさそうだ》
《全会一致? 冗談甚だしい。古い体質なんだな》
《20年前から進化してない。トップが田嶋では、W杯出場がMAX。それさえも危ない状況なのに、早く決断しないと》
《全体的な選手のクオリティーは向上してるのにも関わらず、代表のサッカーは堕落している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.