くらし情報『『有吉の壁』チョコプラが“バンクシー”に皮肉「タブーに触れるなw」』

2021年10月17日 17:31

『有吉の壁』チョコプラが“バンクシー”に皮肉「タブーに触れるなw」

チョコレートプラネット

チョコレートプラネット(C)まいじつ

10月13日、人気バラエティー番組『有吉の壁』(日本テレビ系)が放送された。この中で『チョコレートプラネット』が、世界的アーティスト・バンクシーをイジって話題になっている。

この日の「一般人の壁」は、東京都品川区で開催中のアート展示場『バンクシーって誰?展』が舞台。会場を貸し切って芸人たちがネタを披露していった。

その中で『チョコプラ』の2人は、長田庄平が父親役、松尾駿が息子役に扮して登場。長田は壁に描かれたバンクシーの絵をみせながら、「おい駿、これがバンクシーだよ、これが一流のアートだよ」と紹介する。松尾は「これがアートなんだ。すごい、かっこいい!」と興奮し、「よし決めた! 僕も家に帰ったら、近所の壁に絵を描く」と言い出した。

これに長田は「それはダメだ、落書きになっちゃうからな」と優しく注意するも、松尾は「え? これもそうじゃん」とバンクシーの絵を指さす。長田は「これはアートだからな。駿はまだ早いかな…」と諭すも、松尾は「え、なんで? 自分がアートだって言えばアートなんじゃないの? 僕も近所の壁に絵を描く!」と言い張ってしまう。長田は困ったように「ダメだ…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.