くらし情報『アニメ声優だらけ! 実写『カウボーイビバップ』吹き替え版に不安の声』

2021年10月17日 11:01

アニメ声優だらけ! 実写『カウボーイビバップ』吹き替え版に不安の声

アニメ声優だらけ! 実写『カウボーイビバップ』吹き替え版に不安の声

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

11月19日からNetflixで配信される実写版『カウボーイビバップ』の日本語吹き替えキャストに、ものまねタレントの山寺宏一らが起用されることが発表された。

山寺が演じるのは、主人公のスパイク・スピーゲル。23年前のアニメ版でも同じキャラを演じているため、これでカムバックとも言える起用となった。他にも、吹き替えキャストには若本規夫、林原めぐみ、朴路美、緑川光といったレジェンドロートル声優が大集結。ナレーターの垂木勉も顔を連ねるなど、30年前にタイムスリップしたような懐かしメンバーとなっている。

声優ならば何でも礼賛するオタクたちは、このキャスト陣に大興奮。しかし、もともとのファンや海外ドラマ通からは、この布陣に苦言が相次いでいるのだ。

「どうやら、吹き替えにもかかわらずアニメ声優ばかりなことに不安を抱いているようです。演技をする生身の人間に声を当てる吹き替え声優に対し、アニメ声優は絵に声を当てるため、オーバーな喋り方が染み付いてしまっている。実写の映像と合わせるとくど過ぎて違和感が強烈なことが多いので、こうして台無しになることを懸念しているみたいですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.