くらし情報『『Mステ』ギネス認定で“伝説の夜”を思い出す視聴者「最高にカッコよかった」』

2021年10月15日 11:05

『Mステ』ギネス認定で“伝説の夜”を思い出す視聴者「最高にカッコよかった」

タモリ

タモリ画/彩賀ゆう (C)まいじつ

音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の司会者でお馴染みのタモリが、「同一司会者による生放送音楽番組の最長放送」としてギネス世界記録に認定されることが決まった。この発表を受けて、過去の「Mステ」に想いを馳せる人が続出している。

1987年4月から司会を担当し、およそ35年にわたって同番組を見守ってきたタモリ。それだけに色々な思い出があるようだが、特にロシアの女性2人組ユニット『t.A.T.u.』の出演回が記憶に残っているという。

2003年6月27日に放送された「t.A.T.u」出演回は、今でも話題に上がることが多い伝説回。当時日本でも圧倒的な人気を誇っていた彼女らが生出演するということで、オープニングの時点で視聴者の期待は最高潮に達していた。しかし、番組の途中に「t.A.T.u」はスタジオから姿を消してしまう。タモリの「t.A.T.u.早く来~い」という悲痛な叫びも通じず、テレビ越しでもスタジオの異様な緊張感が伝わるほどだった。

そんな番組の窮地を救ったのは、ロックバンド『THEE MICHELLE GUN ELEPHANT』。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.