くらし情報『『ドクターX』キーマンは杉田かおる? 西田敏行と28年ぶり共演に反響』

2021年10月17日 10:34

『ドクターX』キーマンは杉田かおる? 西田敏行と28年ぶり共演に反響

杉田かおる

杉田かおる(C)まいじつ

俳優・米倉涼子主演の人気医療ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が10月14日にスタート。平均世帯視聴率は19.0%、瞬間最高視聴率は23.0%だったことが分かった(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。

第1話では「私、失敗しないので」の決めゼリフとともに孤高の天才外科医・大門未知子がコロナ禍の医療現場に復帰。〝新たな敵〟として内科部長の蜂須賀隆太郎(野村萬斎)らが立ちはだかった。

大人気シリーズということもあり、視聴率も絶好調。今年放送された民放の連続ドラマで最高だった『天国と地獄』(TBS系)の初回16.8%を大幅に上回り、圧巻のスタートを切っている。

■ 杉田かおるの『ドクターX』出演に反響

そんな中、視聴者の目を引いたのが新キャストとして登場した俳優の杉田かおるだ。杉田は東帝大学病院の広報室長・三国蝶子を演じているが、なんと、同じ病院には外科分院長役に俳優の西田敏行がいることから、ネット上では

《番組の中で、西田さんが『もしもピアノが弾けたなら』を口笛を吹いていたことがあったね。今回、共演するので懐かしい》
《杉田かおるといえば『金八先生』の教え子のイメージが強いけど、池中玄太の継子だったね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.