くらし情報『『イッテQ!』デヴィ夫人の“危険行為”に呆れ声殺到「ありえない」』

2021年10月18日 11:00

『イッテQ!』デヴィ夫人の“危険行為”に呆れ声殺到「ありえない」

デヴィ夫人

デヴィ夫人(C)まいじつ

セレブタレントのデヴィ夫人が、10月17日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演。ロケ中にとった行動が物議を醸している。

出川哲朗とデヴィ夫人は北海道の知床を訪問。温泉に入ろうと、一行はロケバスで移動していた。

道中、バスの左側にヒグマがいるとスタッフが声をあげた。ロケバスは一旦止まり、スタッフは窓を開けてクマを撮影。道路脇のがけの下にヒグマがたたずんでいた。

出川が「やっぱりいるんだ。すげえな」とつぶやく。ここで番組はロケハン時の映像を公開。クマの映像を映しながら、知床には約500匹のクマが生息しているとし、車から降り、むやみに近付く行為は危険だと強調した。

■ デヴィ夫人がクマに口笛鳴らして気を引く

ここでデヴィ夫人は開いた窓から顔を出して口をすぼめ、口笛を鳴らしてクマの気を引こうとした。だがクマは反応せず。クマに対して口笛を吹いてもクマは寄ってこないとナレーションを入れる形でツッコミを入れ、クマとの遭遇シーンは終了した。

ただ、デヴィ夫人の行為に激怒する視聴者は多かった。ネットでは偶然見かけたとはいえ、クマの気を引く行為はよろしくないとの指摘が続出。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.