くらし情報『『イッテQ』みやぞんが“小麦畑”に入って物議「真似する人が出ませんように」』

2021年10月18日 11:01

『イッテQ』みやぞんが“小麦畑”に入って物議「真似する人が出ませんように」

みやぞん

みやぞん(C)まいじつ

10月17日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、『ANZEN漫才』みやぞんが畑の中に入ってロケをした。畑の持ち主から許可は得ていたようだが、視聴者からは「真似をする人が出ませんように」と嘆く声が出ている。

この日は「カレンダープロジェクト」を放送。絶景を撮影しようと、みやぞんが北海道の各地を訪問した。このうち美瑛町ではみやぞんが小麦畑の中に入り、ドローンを用いて上空からも撮影した。

みやぞんは日中、小麦畑の中で「キレイを通り越して、超キレイですよね」と独特の表現で黄金色の風景を絶賛した。

番組の説明によると、小麦の黄金色に加えて緑、赤などに彩られた光景は「パッチワークの丘」と呼ばれて愛されているという。ガイドいわく、土が火山灰で栄養分が少なく、同じものを作り続けることはできず、3、4年周期で作物を変えているという。

■ 観光客押し寄せた北海道・美瑛の畑で撮影

みやぞんらは夕日に照らされる中で再び撮影。これをイッテQカレンダーの7月分とすることになった。

きれいな風景だと絶賛する声は多かったが、一部視聴者はやや引いたようだ。美瑛といえばかつて外国人観光客を中心に人が押し寄せ、許可なく中に入るなどして畑が荒れたと報じられて話題になった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.