くらし情報『『真犯人フラグ』佐野勇斗が激変!?「顔変わった」「明らかに違う」』

2021年10月27日 10:33

『真犯人フラグ』佐野勇斗が激変!?「顔変わった」「明らかに違う」

佐野勇斗

佐野勇斗画/彩賀ゆう (C)まいじつ

10月24日、西島秀俊が主演を務める2クール連続ドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)の第3話が放送された。佐野勇斗の姿に違和感を抱く人が続出している。

主人公は運送会社の課長・相良凌介(西島)。愛する家族のため一軒家を建設中のマイホームパパだが、ある日、忽然と妻と子どもたちが消えてしまう。あまり取り合ってくれない警察の対応に落胆し、学生時代からの友人で週刊誌の編集長・河村俊夫(田中哲司)に相談して、この失踪事件を記事化してもらうことに。すると、最初は集まった同情が、ある時一変。「あの旦那が殺したんじゃないの?」と〝真犯人フラグ〟を立てられてしまう…。

第3話で凌介は、見知らぬ男から「事件についてお話ししたいことがあります」というメッセージを受け取る。凌介は瑞穂(芳根京子)と相談して、その男とコンタクトを取り、日野(迫田孝也)の店『至上の時』で会うことに。瑞穂と日野も、一緒に待ち構える。現れたのは、ベンチャー企業『プロキシマ』の社長・一星(佐野)。なんと彼は、凌介の娘・光莉(原菜乃華)と付き合っていたというのだ。

■ 10キロの激ヤセで顔が変わった?

一星はその後、失踪した家族たちの捜索を手伝うことになったのだが、視聴者からは一星を演じる佐野のビジュアルに違和感を抱く声が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.