くらし情報『『学校へ行こう』みのもんたを故人扱い?「笑えない」「ビックリしたわ」』

2021年10月27日 11:04

『学校へ行こう』みのもんたを故人扱い?「笑えない」「ビックリしたわ」

みのもんた

みのもんた(C)まいじつ

10月26日放送の『学校へ行こう2021』(TBS系)で、かつてMCを務めていた、みのもんたの扱いに視聴者から驚く声が出ている。

生放送の3時間スペシャルの冒頭、『V6』の6人と紗栄子、夏帆、渡辺満里奈がスタジオ横の入り口からスタジオ入り。進行を務めた井ノ原快彦は、スタジオ入り口の上部を見やり、みのを描いた肖像画が飾られていると指摘。「あとさ、登場のみのさん、見守ってくれてるんだね」と肖像画を見やると、紗栄子らは「ほんとだー!」と喜びながら手を振った。

肖像画は金色の額縁に飾られていたが、顔の背景は明るい黄色で後光が差しているようにも見えた。V6メンバーは「おい、大丈夫かあの位置は!」「ツヤツヤしてっぞ!」「(高いところから)見守ってくれてるんだよね」とザワついた。

■ スタジオにみのもんたの肖像画が…「遺影みたい」

「もっとデカくてもよくない?」との声も。井ノ原は「本人の可能性あるからね。(肖像画が)小窓になってる可能性あるからね。サイズが実物大なんだよね」と肖像画の口が突然動き出すかもしれないとビクビクしていた。

視聴者はみのの肖像画と額縁、飾られている高さを見て、まるで遺影のようだと驚いていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.