くらし情報『【New】Lohas Style vol.3 映像作家/監督・小松真弓さん<後編>』

2011年10月14日 12:00

【New】Lohas Style vol.3 映像作家/監督・小松真弓さん<後編>

【New】Lohas Style vol.3 映像作家/監督・小松真弓さん<後編>

映画「たまたま」で脚本・監督デビューを果たした小松真弓さん。実は会社員時代に、蒼井優さんと出会った「KIRIN 午後の紅茶」など、300本以上のCMを手がけています。40歳を機にフリーとなったワケ、そして小松さんのプライベートとは?

――この映画「たまたま」がフリーになって初の長編作品ということになるんでしょうか?

いいえ、フリーになったのは先月の9月で、この映画を撮っているときは実はまだ会社員なんですよ。映画を作り始めたのは2年前で、その時は辞めることなんて考えてもいませんでした。タイミング的にフリーになってからの公開となるのでそう見えますが、それも偶然、"たまたま"なんです。

――フリーになると決意したいきさつやそのときの気持ちを教えていただけますか。

私、仕事が大好きで、会社も大好きで、ネガティブな気持ちで辞める理由なんか本当はなにもなかったんです。入社当時は手に負えなくなるくらい社会人として無茶苦茶だったみたいで、みんなに迷惑をいっぱいかけて、しっかりお説教してもらって、立派に育ててもらったので、めちゃくちゃ感謝しています。でも、私は自分のことをまじめでいい子だなと思っているんですけどね(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.