くらし情報『27歳で起業へと突き動かした思いとは?〜HASUNA・白木夏子さん(2)〜』

2012年4月16日 11:00

27歳で起業へと突き動かした思いとは?〜HASUNA・白木夏子さん(2)〜

27歳で起業へと突き動かした思いとは?〜HASUNA・白木夏子さん(2)〜

岡村この経験が、のちにエシカルジュエリーを事業として扱うきっかけとなるのですね。

白木たとえば、金の鉱山で採掘したものが、どういう経緯を経てジュエリーショップに並んでいるのか。問題なのは、ここの透明性がまったくないことなんです。

最近は、1本何十円かの人参でも、どんな人が、どんな環境でつくっているのか、"顔の見える"野菜づくりが当たり前になってきていますよね。それなのに、何百万円もするダイヤの背景が、ブラックボックス化されていて誰にもわからない。その後、NPO活動や国連のインターンで経験を積み、やはりこれはビジネスで解決しないといけないと思い、自分で会社を立ち上げることを決意したんです。

岡村事業を立ち上げられたのは27歳のときですね。お金の面でも苦労したのでは?

白木当時の貯金をすべて資本金にしてHASUNAを立ち上げましたが、到底150万円じゃ足りず、あっという間に底をつきました。お金を借りるため、両親にお願いにいきましたが、「もうすぐ30歳なのに結婚もしないで何をしているのか」と大激怒。「人様に迷惑をかけてまでやるべきことなのか」と言われました。

NPO活動やインターンを経験した後、ビジネスを通じて社会を変えたいと考え、投資ファンドに就職しましたが、ビジネスの一連の流れが学べたとはいえ、製造業に携わったこともなければ、ジュエリーの会社で働いていたこともない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.