くらし情報『冷え対策の鉄板「生姜」「ホットヨガ」に落とし穴が......! 間違ったとりいれ方は冷えのもとに!』

2012年11月27日 10:40

冷え対策の鉄板「生姜」「ホットヨガ」に落とし穴が......! 間違ったとりいれ方は冷えのもとに!

冷え対策の鉄板「生姜」「ホットヨガ」に落とし穴が......! 間違ったとりいれ方は冷えのもとに!

先日、冷えに関するアンケート結果を見る機会がありました。そこで驚いたのが、冷え対策に対する応えに偏りがあること。多くの方が「生姜」と「ホットヨガ」を上げていて、生姜については3人に1人くらいの割合で回答されていました。

もちろん、「生姜」も「ホットヨガ」も良いことだと思います。けれど、「チューブを持ち歩いています!」「カラダが悲鳴をあげている時こそ、ホットヨガ!」など、少しこの2択にたより過ぎている気がして、残念な気持ちになってしまいました。

生姜は、手足の末端冷え性や下半身冷えの方にはオススメの食材。また、ホットヨガも呼吸に意識をおくことで、カラダの巡りを根本的に見直すことができるので大変オススメです。ですが、どんなものでもとり過ぎ、やり過ぎは禁物です!

とくに、中庸(※1)を重んじる漢方では、とり過ぎ、やり過ぎの「過ぎ」はよくないとされています。生姜や辛いもののとり過ぎは、消化機能に支障をきたし、カラダを温める作用がある「血」や元気の素をつくりだしにくくなってしまうため、逆に冷えが加速してしまうと考えられています。

なかでも、とくにどんなの方が「生姜」のとり過ぎや、「ホットヨガ」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.