くらし情報『「冬至」は、年に一度の運気アップ日。さらにハッピーを引き寄せる「ん」のつく食べ物7つ』

2012年12月21日 12:00

「冬至」は、年に一度の運気アップ日。さらにハッピーを引き寄せる「ん」のつく食べ物7つ

「冬至」は、年に一度の運気アップ日。さらにハッピーを引き寄せる「ん」のつく食べ物7つ

今日は「冬至」です。北半球では、正午の太陽の高さが一番低くなり、一年のうちで昼がもっとも短い日。明日から日を追うごとに昼は長くなっていきます。

このように、弱まっていた太陽の力が復活する冬至は、世界各地でお祝いをする風習があります。

日本でも、奈良時代から江戸時代までは宮中で祝宴が催されていました。 太陽の力がよみがえる冬至は、「一陽来復(いちようらいふく)」といって、「悪いことばかりが続いていたのが、ようやく善い方に向いてくる」という意味もあります。冬至は、運気が上昇に転じるハッピーな日なのです!

せっかくの機会ですから、年に一度しかないこの日に、運を呼び込みませんか? 昔から「ん」のつく物を食べると運を呼び込むといわれています。特に「ん」が2つつく「冬至七種(とうじななくさ)」を食べると幸運につながるのだそう。

<冬至七種>
なんきん(かぼちゃ)
・にんじん
・れんこん
・ぎんなん
・きんかん
・かんてん
・うんどん(うどん)
これらを素材のまま大皿に盛れば「運盛り」のできあがり!

とっても縁起がよさそうです。無病息災や運気上昇を願ってお供えするのも◎。調理していただけば、運がカラダの中にたくわえられそうですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.