くらし情報『目玉焼きが焼けるほど熱い!? 頭皮の乾燥を加速させる、ドライヤーの危険な使い方』

2013年1月31日 08:00

目玉焼きが焼けるほど熱い!? 頭皮の乾燥を加速させる、ドライヤーの危険な使い方

目玉焼きが焼けるほど熱い!? 頭皮の乾燥を加速させる、ドライヤーの危険な使い方

乾燥が気になる冬。顔やカラダだけではなく、頭皮の乾燥も気になるところ。じつは、この頭皮の乾燥の原因とされているのが、間違ったドライヤーの使用法と言われています。

じつは、ドライヤーの熱はとても高熱。その熱で目玉焼きもできてしまうほどなんです。これほどの高熱の熱風を浴びさせていれば、髪の毛だけでなく、頭皮の水分まで奪われてしまうのも納得できますよね。

では、ドライヤーを使わずに自然乾燥の方がいいのかと言うと、そうでもないようです。自然乾燥のままだと雑菌が発生し、においやかゆみの原因になります。それに、今の季節、髪が濡れたままでは湯冷めして風邪をひいちゃいますよね。

つまり、頭皮ケアに大切なのは、いかにドライヤーの使用時間を短縮するかということ。そのためには、タオルできちんと水分を拭き取ることがポイントです。また、髪から10センチ以上離して、こまめに動かしながら同じ部位に2秒以上熱風をあてないことも重要。マイナスイオンの出るドライヤーなど、髪や頭皮に優しいドライヤーを選ぶのも◎。

正しい頭皮ケアで、冬でもうるおいヘアーを目指したいですね。

[スカルプDヘアケア委員会~頭皮革命~]

text by 石川裕子

ハワイ島で写真教室・ウェディングや記念写真を撮影するフォト・エージェンシー「三日月カメラ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.