ポッコリお腹は「腸腰筋」の衰えが原因! 姿勢を整えるだけで鍛えられます

2013年3月22日 07:45
 


夏に向けて、そろそろ本格的にボディを引き締めなくてはと思いはじめる頃。そこで、注目したいのが「腸腰筋(ちょうようきん)」です。

お腹の奥にある腸腰筋は、正しい姿勢をキープするのに必要な筋肉の総称で、S字カーブを描き、骨盤がまっすぐになるよう背骨や骨盤を支えている箇所だそう。

腸腰筋が衰えると、内臓が下がり、お腹がぽっこり状態や猫背などの原因に。じつは、30代から急速に衰えはじめるそうで、心当たりありすぎる!と思わす納得......。これから、意識して鍛えなければ!

といっても、腸腰筋を鍛えるには、激しい運動や長時間のエクササイズをする必要はなく、まずは普段の生活でお腹の筋肉を意識し、正しい姿勢を続けるだけでも効果的なんだそう!

腸腰筋を鍛えるとこんなにうれしい効果が!
・猫背の解消
・身体のゆがみがとれて血流がよくなる
・肩こりや腰痛が軽減される
・お腹まわりが引きします
・基礎代謝UPで太りにくくなる
・老廃物が溜まりにくく便通がよくなる
なんでも、モデルのSHIHOさんは、この腸腰筋を意識する、姿勢・呼吸・エクササイズで産後の体重から、マイナス10キロを達成したそうです!

SHIHOさん提唱の「姿勢を正す」とは、天井からつられているイメージで、リラックスした状態のこと。その最大のコツが腸腰筋で、お腹を意識して姿勢を正すことによって、骨格や内臓位置が正常になり、血流がよくなることによって老廃物がたまらなくなり、全身痩せにも効果があるそう。

しかし、キレイな姿勢をキープするのって、とってもシンプルで効果ありそう!と思っていても慣れるまでなかなか大変。

SHIHOさんの著書「TRINITY-SLIM "全身やせ"ライフ」には、日常生活でお腹周りの筋肉(本書では腹凹筋)と呼吸を意識するだけで、"全身やせ"しやすくなるメソッドがつまっていて、参考にしています。「腹凹ベルト」たるものもつていて、こちらもこっそり利用しています(笑)。

「腹凹ベルト」は姿勢や身体への意識が薄れお腹がゆるむと、少し窮屈に感じたりフックが外れたりすしくみ。お腹のを意識しやすく、引き締めるクセがつくとともに、メジャー付きなので、ウエストの増減もいつでもチェックできます。着用するだけで心身ともに引き締め効果大です。本格的な薄着になる前にスッキリボディを目指します!

[TRINITY-SLIM "全身やせ"ライフ] 腹凹(ハラペコ)ベルト付き
著者:SHIHO
出版社: SDP
若松真美


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.