くらし情報『冠婚葬祭だけじゃもったいない。おしゃれ「ふくさ」がデイリーに使える』

2013年5月25日 22:15

冠婚葬祭だけじゃもったいない。おしゃれ「ふくさ」がデイリーに使える

冠婚葬祭だけじゃもったいない。おしゃれ「ふくさ」がデイリーに使える

和のアイテム「ふくさ」といえば、使うのはほぼ冠婚葬祭。ハンカチなどで代用していたのですが、ふくさのルーツを知ってから、俄然欲しくなってしまいました。

ふくさのルーツは、日本の贈答文化

ふくさのルーツは、日本の伝統習慣の一つである"贈答文化"と関係しています。もともと贈答の習慣は、農耕民族であった日本人が豊穣を祈ったり、自然への感謝をささげたりする際に神様へお供えものをしていた習慣。これを人にもするようになったのだのが贈答文化の始まりと言われています。

そして主に贈答の際に使われる"ふくさ"は、贈り物をホコリから守るだけでなく、神聖さや感謝の気持ちなど"気"を保つものとして使われていたそう。これを知って、なるほどなぁと思いました。正直なくても困らないし、ふくさの原形となった風呂敷のままでもよかったはず。それでも"ふくさ"という道具が生まれ、現代まで受け継がれてきたのは、心遣いや感謝を重んじる、繊細な和の心の現れに違いありません。

冠婚葬祭じゃなくてもデイリーに使いたくなるふくさ

そんなふくさ、冠婚葬祭だけでなく日常生活でも使えそうです。例えば、デイリー使いするアクセサリー類をまとめて包んでおく使い方も素敵。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.