くらし情報『初夏の安曇野で有機カモミールが満開! エキスたっぷり美肌のお風呂で癒される』

2013年5月30日 23:45

初夏の安曇野で有機カモミールが満開! エキスたっぷり美肌のお風呂で癒される

初夏の安曇野で有機カモミールが満開! エキスたっぷり美肌のお風呂で癒される

今、安曇野ではカミツレの白くて可憐な花が咲き誇っています。まるで童話の世界に飛び込んだような風景に、風が吹くたびに漂うりんごのような甘い香り......。

PMSや月経痛に効果アリの「カミツレ」

「カミツレ」は、ハーブの女王とも言われるジャーマンカモミールの和名。肌の鎮静、保湿、香りによるリラックス効果があり、学名のMatricariaはラテン語で「子宮」という意味を持つことから、PMSや月経痛などの不調にも用いられてきました。

長野県安曇野郡池田町にある「カミツレの里」は、そんなカミツレの効果に注目して約30年前に誕生した自然派ブランド「華密恋」の工場があるエリア。約152アールもの広大な有機JAS認定カミツレ畑で育ったカミツレから濃厚なカミツレエキスを抽出し、華密恋製品の製造までをここで行っています。

カミツレを入れたお風呂で癒される

今週末の6月1日、2日には「第25回いけだまちひろつカミツレ花まつり」が開催されます。ハーブティーや精油、コスメなどいつもお世話になっている商品の原料植物が育つ様子を見てみたいと思い、昨年この「カミツレ花まつり」を訪れました。畑を歩くだけで自分がジブリの主人公になったかのようなファンシーな気分になって思わず笑顔!(それが下のプロフィール写真です!)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.