くらし情報『【6月6日】紫陽花をトイレに吊るすと、女性特有の病気が防げる!?』

2013年5月31日 07:30

【6月6日】紫陽花をトイレに吊るすと、女性特有の病気が防げる!?

【6月6日】紫陽花をトイレに吊るすと、女性特有の病気が防げる!?

じめじめとする梅雨の季節に、気持ちを落ち着かせてくれる花といえば紫陽花(アジサイ)。日々移ろいを魅せる紫陽花は古来から日本人の心を惹きつけ、多くの和歌や絵の主題に選ばれてきました。

紫陽花は、女性ホルモンの分泌を促す!?

紫陽花を見ると心がリラックスするのはなぜかというと、紫色には、緊張や不安を癒して穏やかな気分をもたらす力があるから。さらには女性ホルモンの分泌を促し、体の内面の美しさを呼び起こすパワーもあるんだそうです。

こんな素敵な紫陽花ならば、ぜひとも生活に取り入れたい! と思いますが、紫陽花にはさまざまな言い伝えやタブーが存在します。例えば、色褪せることからお見舞いや仏花にはNGだったり、強い毒素を含むので、食用にしたり料理の飾りに使うのは厳禁だったり。

紫陽花を吊るして病気を防ぐ

そんな毒素があるゆえか、昔の人は紫陽花には霊力が宿るとみなして魔除けとして使いました。紫陽花を半紙でくるんで水引で結んだものを、毎月6のつく日から家の軒先などに逆さにして吊るします。

若狭野天満神社の魔除けあじさい

吊るす場所によってご利益が代わり、軒先や玄関に吊るすと魔除けや金運アップに、トイレに吊るすと女性特有の病気を防いだり、老後に下の病気で悩むことがなくなるとも言われています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.