くらし情報『イモ類は避けるべき! 毒だし先生に聞く、デトックス食材3つ』

2014年1月11日 23:15

イモ類は避けるべき! 毒だし先生に聞く、デトックス食材3つ

イモ類は避けるべき! 毒だし先生に聞く、デトックス食材3つ

体重増加は、悩みのタネ。食生活を見直したいけど、毎日自炊するのは無理......という方にぴったりの手軽にできる毒だしレシピを、『毒を出す食 ためる食』の著者で、アーユルヴェーダ医療の第一人者の蓮村誠先生に伺いました。

毒だしに最適な食材とは?
カラダに毒が溜まりやすい人は、消化力が落ちていると蓮村先生は言います。消化力をアップするには、カラダを温める野菜スープがおすすめだそう。そこで、毒だしレシピに最適な食材を教えていただきました。

「葉野菜はどれも最適です。根菜でも、ダイコン、ニンジン、カブはおすすめします。ただ、レンコンやゴボウ、おイモ類は避けましょう。大麦をスープにプラスしてもいいですね」

冷え解消にもパワーを発揮することで知られる根菜。毒だし&冷え症ケアを期待できる、一石二鳥の根菜レシピはこの季節にもってこいです。

毒だしスープは夕食に
さらに、毒だしパワーを発揮するには、どんなタイミングでいただくのがおすすめか伺いました。

「夕食時がベストです。すごくデトックスしたいという人は、週に1日、夕食を野菜スープだけにしてみてください。カラダがとても軽くなると思います。仕事で夕食が遅くなりがちという人も、夕食をスープだけにする日をつくるといいですね。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.