くらし情報『リラックス効果あり! GABAたっぷりの野菜でつくるカフェメニュー』

2014年3月4日 07:30

リラックス効果あり! GABAたっぷりの野菜でつくるカフェメニュー

リラックス効果あり! GABAたっぷりの野菜でつくるカフェメニュー

最近、八百屋さんやスーパーの野菜コーナーで売られている蕾菜(つぼみな)。名前がかわいいけど、あまり見たことがない野菜だと思ったら、それもそのはず。2007年から「博多蕾菜」として販売がはじまった比較的、新しい野菜なのです。

蕾菜は、菜の花と同じアブラナ科で、からし菜の一種。原産国は中国です。福岡県久留米市で導入され、選抜を繰りかえして誕生したのだそう。からし菜の一種というだけあって、菜の花と似たほどよい辛みがあります。茹でたり、電子レンジで加熱すると、ほんのり甘い旨みが出てきます。

リラックス効果も
「博多蕾菜」は、血圧降下作用やリラックス効果が報告されている「r-アミノ酪酸(ギャバ)」を100グラム中40ミリグラム含み、さらに、うま味成分で「r-アミノ酪酸」の前駆物質でもあるグルタミン酸も100グラム中600ミリグラムといずれも豊富に含んでいます。

「JA全農ふくれん」より引用

GABAといえば、チョコレートで有名になった成分ですが、野菜でしっかり摂取できるのが嬉しいです。

すぐできる蕾菜レシピ
もう一品、というときによさそうなのが「蕾菜とトマトの卵炒め」。

<材料>

・蕾菜 50g

・卵 2個

・塩 1.5g

・トマト 30g

・ネギ 12g

・油 8g

<作り方>

1、卵をといて、塩を加える

2、水洗いした蕾菜は水気を切ってさっと炒め、湯むきしたトマトは種を除いて細かく切る

3、1の中に2を加える

4、熱して油をなじませたフライパンに3を流し入れ、半熟になるまで炒める

5、皿に盛り付け、小口に切ったネギを上から散らす

「JAくるめ」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.