くらし情報『まるで和菓子のよう。月の満ち欠けをモチーフにした新月・満月のお香』

2014年3月19日 21:45

まるで和菓子のよう。月の満ち欠けをモチーフにした新月・満月のお香

まるで和菓子のよう。月の満ち欠けをモチーフにした新月・満月のお香

梅の香りで春を感じるように、自然に漂う香りから季節の移ろいを感じ取ってきた日本人。心身を清らかにし、汚れを祓うなど「香には十の徳がある」と言い伝えがあるように、昔から日本人と香りには深いつながりがありました。

香りの演出というと、つい精油に手が伸びがちですが、風水的には「煙」に浄化作用があるのだそう。香りと浄化、お香なら一石二鳥です。安らぎのお部屋づくりにお香を今一度見直してみることにしました。

神楽坂にお香専門店がオープン
現代のライフスタイルに取り入れやすいお香を扱う、神楽坂弁天町の「Juttoku.」。こちらのお香は天然原料から抽出された香りを使い、淡路島で生産されています。これなら人工香料で頭痛がしてしまう私でも大丈夫そうです。

印香新月  2,000円(税抜)

和菓子づくりに使用する木型でつくられた印香は、まるでアート作品のよう。中でも目にとまったのが、月の満ち欠けをモチーフにした新月・満月の印香です。

自然や人に大きく影響する月のリズム。慌ただしく過ぎていく毎日の中で、新月・満月の日だけは、すこし立ち止まって自分の内面を見つめる時間を持つようにしています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.