くらし情報『休憩時間にできる目の疲れ解消法』

2014年4月11日 12:15

休憩時間にできる目の疲れ解消法

休憩時間にできる目の疲れ解消法

スマホにPC、画面を見ない時間のほうが少ないくらいの私たちのライフスタイル。目の疲れはたまっていくいっぽうです。そこで目の疲れの解消法として注目されているのが、「ゆるめる」エクササイズ。目をゆるめる? と聞いただけではぴんときませんが、自分でできる簡単な方法を見つけました。

まぶたの上から眼球に触れるだけ
解説されているのは『「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 』。本書によると、よく聞く「目が疲れる」という表現、実際に疲れているのは眼球ではなく、眼球の奥にある筋肉が疲れているのだそう。画面を長時間見るなど、視野を狭くする生活習慣を続けると、本来自由に動くべき目の筋肉が固まることで疲れてしまう。それをゆるめることで、疲れが取れるというわけです。目をゆるめるワークとしては4種類が紹介されています。

1.眼球を感じる

人差し指、中指、薬指の3本で柔らかく眼球に触れます。眼球の大きさ、形、重さ、質感などを感じること。何もせずに触れているだけで、変化が。

2. 眼球で呼吸するような意識を持つ

1を補助するワーク。今現在行っている自然な呼吸に意識を向けて、それが眼球に入ったり抜けたりするようなイメージを持つと、より眼球を感じることができる。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.