くらし情報『ヨーグルトはNG!? 「腸の毒だし」を妨げる食べ物』

2014年5月5日 11:45

ヨーグルトはNG!? 「腸の毒だし」を妨げる食べ物

ヨーグルトはNG!? 「腸の毒だし」を妨げる食べ物

腸内環境を整えるのに、食物繊維や発酵食品がいいと聞きますが、取りすぎることでかえって便秘を引き起こしてしまうこともあるというのが、マハシリ南青山プライムクリニック院長の蓮村誠先生。

消化しにくい繊維質は、コロコロ便には逆効果!?
著書『腸の毒出し』によると、アーユルヴェーダでは消化力(アグニ)を弱らせてしまう食習慣が、便秘を引き起こすことがあるといいます。たとえば「水をたくさん飲むといい」という考えに対して、「腸が冷えて消化の火は弱くなる」と蓮村先生。また、繊維質をたくさんとるのもNG。

あらゆる便秘を解消するとは限りません。むしろ一般的な便秘は悪化させてしまいます。繊維質は多量の水分を吸収する性質があるため、大腸でヴァータが乱れ、何日も出ない、便がコロコロと硬いといった、いわゆる便秘症状には逆効果。すでに腸内が乾燥しているため、便秘はさらにひどくなってしまいます。

(「腸の毒出し」P.100より引用 )

とくに玄米は消化しにくく、きのこ類にいたってはアーユルヴェーダでは神経系を乱す食品と考えられ、基本的には食べないのだとか。

ヨーグルトは毒素になりやすい!?
さらに、乳酸菌が腸に良いイメージのあるヨーグルトもおすすめできないといいます。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.