くらし情報『摩訶不思議な世界へ! ティム・バートンの想像力の源泉』

2014年11月8日 07:30

摩訶不思議な世界へ! ティム・バートンの想像力の源泉

摩訶不思議な世界へ! ティム・バートンの想像力の源泉

無題(墓ずきんちゃん) 1981年 27.9 x 39.4cm ペン・インク・マーカー・色鉛筆・紙

現在、六本木の森アーツセンターギャラリーで開催中の「ティム・バートンの世界」展が話題を呼んでいます。

「シザー・ハンズ」や「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「チャーリーとチョコレート工場」など数かずの名作で知られるティム・バートン監督。彼の描く世界は独特のファンタジー感にあふれ、映画ファンはもちろんのこと、アートとしても世界中の人びとの心をとらえてはなしません。

無題(『シザーハンズ』) 1990年 27.9 x 22.9 cm ペン・インク・色鉛筆・紙

今回開催される「ティム・バートンの世界」は、彼の作品をテーマ、モチーフ、プロジェクト毎のセクションに体系化。約500点もの作品が公開されます。

無題(『オイスターボーイの憂鬱な死』) 1982-1984年頃 25.4 x 22.9 cm ペン・インク・マーカー・色鉛筆・紙

仕事の旅先で、スケッチブックやメモ用紙に彼が描きとめたスケッチ。人間、動物、機械、架空の生き物の混合体といった限りないイマジネーションを持ったフィギュアのキャラクターたちや、映画作品のもとになったコンセプトスケッチなどを展示。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.