くらし情報『雪は天からの手紙。物理学者のロマンティックな名言』

2014年12月13日 19:15

雪は天からの手紙。物理学者のロマンティックな名言

雪は天からの手紙。物理学者のロマンティックな名言

足下にはえている植物、吹いてくる風、降ってくる雪。そんな「日常の世界」は、これからどれだけ生きていったとしても、大きく変わることはない。でも、もしも、そんな普遍的な世界を見る私たちの「目」のほうが変わったら......?

雪は天からの手紙
いったい、どんな世界が見えてくるのでしょうか。

たとえば、降ってくる雪。ただの白い凍えた水分の塊。そう思っていたものを、雪と氷の研究に人生を捧げた物理学者・中谷宇吉郎はこう表現しました。

「雪は天からの手紙だということを知っていましたか?」「ちょうど一通届きました。これを読んでみましょう。」「こちらは風無く空乾き、気温は零下四十度なり。」

(『ドミトリーともきんす』P50より引用)

雪は天からの手紙。そう思うと降って来る粒たちがそれぞれに表情をもっているように見えてきます。

こんなロマンティックな科学者の視点を教えてくれるのは、漫画家・高野文子さんの作品『ドミトリーともきんす』です。この本の中で、架空の学生寮に暮らす物理学者たちが、世界の「ちょっと違った見方」を教えてくれます。

たとえば、植物学者の牧野富太郎は、足元に息づく世界の美しさを語ってくれます。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.