くらし情報『いまのままで幸せ? 本当の自分に近づく物語』

2014年12月15日 20:15

いまのままで幸せ? 本当の自分に近づく物語

いまのままで幸せ? 本当の自分に近づく物語

これからの人生を考えたとき、いまの自分のままでいることが、本当に幸せにつながるのだろうか? ふと、そう悩んでしまうことってあります。本当は私、どう生きたいのだろう。迷ったとき、答えをくれるような映画が公開されます。

それは、2015年1月公開の『繕い裁つ人』。映画『しあわせのパン』、『ぶどうのなみだ』でメガホンをとった、三島有紀子監督の最新作です。

大人女性の心に響く、映画『繕い裁つ人』
原作は、池辺葵さんの同名コミック『繕い裁つ人』(講談社「ハツキス」連載)。

物語の主人公は、神戸でちいさな洋裁店をいとなむ南市江。店を立ちあげた祖母がつくった洋服の仕立て直しとサイズ直し、そして祖母のデザインを受けついだ新作の服をすこしだけつくるのが彼女の仕事でした。そんな彼女の服に惚れこんだのが、神戸のデパートに勤める藤井。市江にブランド化を持ちかけますが、彼女は「一生着続けられる服をつくる、という祖母の想いをまっとうしたい」と藤井のオファーを頑として断るのでした。

それでも彼女の「職人」としての姿に魅せられた藤井。もはや仕事とは関係なく店に足しげく通います。そしてある日、彼は市江に言います。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.