くらし情報『大根と柿があったら【根本きこの島ごはん】』

2014年12月16日 21:45

大根と柿があったら【根本きこの島ごはん】

大根と柿があったら【根本きこの島ごはん】

うちの定番、大根の柿漬け。柿の甘さで大根がとても食べやすく、子どもにも好評です。

そもそも実家でよく登場していたこの柿漬け。季節になるとたくさんもらう柿、そして大根をおいしく食べる工夫です。柿は熟しすぎて柔らかくなったものを使います。

ボールに柿をつぶしながら入れて「ちょっとしょっぱな」くらいの塩加減にします。そこに大きめに切った大根を漬けこみ、だいたい3日くらいから食べごろ。柚子や鷹の爪があったら好みで加えるとなおいいでしょう。

漬け床は3~4回くらい使えますので、その都度、塩の料理調整しながら漬けこんでください。何回か使うと大根から水気がたくさん出てくるので、すこし干してから漬けるようにすれば、漬け床がより長持ちします。

漬け上がった大根は薄く切っても厚く切っても。さっぱりしているので、箸休めにちょうどいいのです。柿と大根のこの季節、ぜひお試しくださいね。

それから大根の葉っぱはお天気のよい日に「からから」になるまでしっかり干して、干した葉をお風呂に入れると芯からすごく暖まります。

沖縄の陽気だと、なかなか「からから」になるまで干せないので、もっぱら葉っぱは 食べる専用なのですが、内地にいるときはよく干しては大根の助けを借りていました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.